• お問い合わせ
  • お墓の情報館へ電話をかける
  • プロにお任せお墓探し
  • 墓地・霊園 お墓の情報館 > 霊園・墓地を探す > 霊園・墓地の種類

    霊園・墓地の種類

    「公営、市営、寺院、民営・・・どう違うの?」
    霊園・墓地は大きく3つに区分でき、各経営主体の違いによって異なる特色を持っています。

    種類 概要 メリット・デメリット
    公営墓地
    (市営墓地)
    各都道府県や市町村などの自治体が管理・運営する墓地
    • 経営母体が他墓地より確実
    • 使用料や管理料が安価
    • 宗旨・宗派を問わない
    • 申し込み者が多く、抽選になる場合がある
    • 以下の場合に、申し込みできない場合がある
      • 現住所が申し込む市町村(都道府県)にない場合
      • 遺骨が手元にない場合
    寺院墓地 お寺の敷地内にあり、その寺院(宗教法人)が所有・管理している墓地
    • 立地条件がよい(市内も多い)
    • 葬儀や法要に便利(施設に利用できたりする)
    • 同じ宗旨・宗派であることが多い
    • 改修工事などの時に、お布施や寄付などを求める所もある
    • 建てる墓石の種類が限られている
      (和墓に限っているところが多い)
    民営墓地
    (公園墓地)
    経営主体が公益法人の墓地や、寺院境内外に宗教法人が経営している墓地
    • 数が多いので選択肢に幅がある
    • お墓のデザインなどの自由
    • 宗旨・宗派を問わない
    • 場所が郊外で遠い場合がある
    • 霊園・墓地によって費用の差が大きい